ハンドバイク(ハンドサイクル)に関するいろいろな情報や知識、イベントなどをお伝えします。http://handbiketime.jimdo.com/


by brightrings
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

来る8月3日(日)に前橋市の前橋テルサに於いて「自転車(トラック競技のみ)オリンピック代表」の壮行会が行われる予定です。

先日の6月26日にも東京ドームで自転車日本代表を集めた大規模な壮行会がありました。テレビ中継もされたので見た方もいると思います。
そして昨日は茨城県出身の長塚選手の地元で壮行会が開かれていました。
壮行会って結構いろいろなところで行われているもんですね。

ところでなぜ前橋で自転車選手の壮行会ということになったのかというと、オリンピック直前を控え、最終合宿を前橋のグリーンドーム前橋で行うことから、前橋でも壮行会をして選手を励まそうということになったそうです。

詳細はまだはっきり決まっていませんが、参加費は無料でどなたでも参加できます。

オリンピック直前の日曜日、多くの方に参加していただき、じかに日本代表を励まし、いい成績が出せるようにエールを送りませんか。
[PR]
by brightrings | 2008-06-30 09:45 | イベント・レース

自転車は地球を救う?

前橋市は自転車を活用した環境、健康および街づくりを推進するため「自転車のまち前橋」という事業を始めます。
及ばずながら私もメンバーの一員となりました。

自転車を取り巻く環境は、今年の道路交通法の改正と共に大きく変わろうとしています。一番大きなものは、自転車が車両であると認知されたことだと思いますが、それに伴い自転車はいくつかの場合を除いて原則車道の左側を走りなさいということになりました。
東京などの人口密集地では自転車と歩行者の歩道上での事故が非常に多いのもうなづけます
都会でなくても、高校生が高齢者を自転車で轢き殺してしまったという痛ましい事故もおきています。まだまだ周知するには時間がかかるとは思いますが、法律によって定められたことは大いなる一歩だと思います。

さらに自転車にはこんな使命も課せられるようになりました。
それは地球温暖化にメタボリック、介護予防、医療費の削減などなど自転車に求められるものは年々多くなっていくようです。

はたして自転車にそんな力があるのでしょうか?

実際、もしも人類が全員が自動車を乗らずに歩きか自転車に乗れば排気ガスの量は減りますが、そんなことは現実的ではないですよね。メタボリックの予防と治療と言ったって、誰だって辛いのは嫌だというのが本心です。

それではどうしたいいのでしょう。

私が考える動機づけは「気持ちよく乗ることが出来る(走ることが出来る)」ということなのだと思います
「気持ちよく乗ることが出来る」と一口で言ってみても問題は様々です。
雨は降るし風も吹く、暑さ寒さも大変!
自転車に自動車と同じ快適さを求めることは難しですし、時間だってかかるかもしれません。

しかし、自転車は直に環境の変化を感じることが出来る素晴らしい乗り物だと思います。風が吹けば辛いかもしれません、雨が降れば冷たいし、夏の暑いときに乗れば汗だくになってしまいます。好きでもなく仕方無しに乗っている人にとって見れば本当に自転車は不便だし、快適なんて言葉は無縁です。
だから本当は、自転車に乗る人はそれらすべてを受け入れられる人に乗ってもらいたいと思ったりもします。

でも少しでもそういうことを解決していくことが出来るように考えないわけにもいかないのも事実です。
様々な差し迫った問題を少しでも緩和できると期待されているわけですから。

それにしても、自転車を「気持ちよく乗ることが出来る(走ることが出来る)」ためのインフラ整備環境整備はまだ始まったばかりだといえるでしょうね。
なんといっても、やっと自転車も交通インフラとして認められたばかりですからね。
[PR]
by brightrings | 2008-06-26 23:57
去る5月25日(日)に行われた、『ハンドサイクリングIN渡良瀬』のことが、本日発売の「自転車生活Vol.15」にモノクロ2ページで載っています。
皆さん是非買って読んでください。
そしてこれを読んで気になったハンドサイクルユーザー方は、是非来年の渡良瀬にいらしてください。

ハンドサイクルは「どんな障害のある方にも乗ることが出来ます」とはいえませんが、いろいろな障害を持った方が乗っているのも事実です。

ハンドサイクルは車椅子の生活を少しでも豊かなものにすることが出来るかもしれません。
ですからこの記事を読んでハンドサイクルに興味を持った方は、是非一度どこかで試乗してみてください。

今回全国紙に載せてもらえたということで、ハンドサイクルが多くの人に(障害のある人もない人も)知られることになったのは幸いです。
これからも地道に活動をしていきたいと思います。c0146618_22494381.jpgc0146618_22511230.jpg
[PR]
by brightrings | 2008-06-26 22:52 | トピックス
「群馬県、前橋市、利根川CR(利根川サイクリングロード)を走りましょう」

6月29日(日)利根川CR(利根川サイクリングロード)をハンドサイクルで走ります。
一緒に練習しませんか?

集合は9時30分頃
群馬県;前橋市の大渡橋下の駐車場(CRのある岸側で坂を下ったところ)
http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&msa=2
参加希望の人はメールください。
jl2prw@hotmail.com
時間は2~3時間くらいを予定しています。
参加費等はありません。
自由参加です。
雨が降ったら中止にします。

次回は7月13日を予定しています。

試乗会とかは有りませんので、あくまでもハンドサイクルをお持ちのユーザーのみということで
但し、健常者で自転車等で一緒に走りたいというのはありです。
[PR]
by brightrings | 2008-06-23 09:47

セイフティーフラッグ

スポーツタイプなどの一体型ハンドサイクルを乗っている方にはついていると思いますが、最近アダプタータイプに乗られている方の中にもセイフティーフラッグをほしがられる方が増えてきました。
たいした大きさではないのであまり目立たないかと思っている方も多いかと思いますが、案外目立ちます。
そう考えると普通の自転車に比べ車高が低いハンドサイクルにはセイフティーフラッグを付けたいと考えるのは当然なのでしょう。
但し、暗いところではいくら旗を立てていても目立ちませんので、ポールに自発光の認識灯をつけることをお勧めします。

安全対策はいくらしていてもしすぎることはありません。いろいろな自衛手段があると思いますが、セイフティーフラッグも安全確保のためにはいいツールだと思いますので、車高の低いハンドサイクル、車椅子、チャイルドトレーラー、子供用自転車等には使用することをお奨めいたします。
[PR]
by brightrings | 2008-06-22 11:51 | 部品・用品
5月25日に行われました「ハンドサイクリング大会イン渡良瀬」の模様が「自転車生活」15号(6/26発売)にモノクロ2ページで掲載予定となりました。
 
ハンドサイクルもいよいよメジャーデビューとなるのでしょうか。

いずれにしても多くの方に知ってもらえるチャンスになったということは大変喜ばしいことです。

今後もこうしたイベントを継続し適正に行うことにより、多くの方にハンドサイクルの存在を知っていただき、そして愛好者が増えることを願い努力いたします。

「自転車生活」15号(6/26発売)が発売されましたら、是非購入していただき、一読していただければ幸いにございます。
[PR]
by brightrings | 2008-06-21 09:29 | トピックス
2008年5月18日、新潟県佐渡島で開催されたロングライドイベント「スポニチ佐渡ロングライド210」。
このイベントに、奥村選手がハンドサイクルで参加しました。
このときの様子がサイクリングタイムのイベントレポートムービーで紹介されています。

http://www.cyclingtime.com/modules/ctmovie/view.php?p=8546

ちなみに、奥村選手が映っているのは、Vol3とVol4ですがVol3は後半に他の人にインタビューしている後ろをチラッと通り過ぎたのが出ています。Vol4では走っている姿がきちんと紹介されています。

来年の参考に見られてはいかがでしょうか?
[PR]
by brightrings | 2008-06-18 18:07 | イベント・レース
平成20年6月1日に道路交通法が改正されました。
改正の中で目立ったものといえば、後部座席のシートベルト義務化や、高齢者マークの義務化などでしょうか。その中で自転車に関する規則もいくつか改正されましたが、なかでも自転車は原則車道の左側を通行しなければならないとなりました。それに伴い除外の場合も明文化されました。

次のような場合にも歩道を自転車で通行することができるようになります。         
○ 児童(6歳以上13歳未満)や幼児(6歳未満)が運転する場合                   ○ 70歳以上の者が運転する場合                                     ○ 安全に車道を通行することに支障を生じる程度の身体の障害を持つ者が運転する場合
○ 車道等の状況に照らして自転車の通行の安全を確保するため、歩道を通行することがやむを得ないと認められる場合。
ただし、警察官等が歩行者の安全を確保するために必要があると認めて歩道を通行してはならない旨を指示したときは歩道を通行することはできません。

これを見る限りでは、障害者が運転するハンドサイクルは歩道を通行してもいいことになったようです。
[PR]
by brightrings | 2008-06-15 22:03 | トピックス
今年も9月21日(日)に「東京シティサイクリング」が開催されます。

東京都庁前(都民広場)をスタートし神宮外苑までの約38kmのコースです。
すでにエントリーは始まっています。定員は1800名ですが締め切り前でもいっぱいになった時点で締め切るそうです。
応募締め切りは9月7日(日)

詳しくは

http://tokyocitycycling.jp/
[PR]
by brightrings | 2008-06-12 13:21 | イベント・レース
多くの競技選手が合宿を行っている石垣島で、来年ハンドサイクルでも参加できるイベントを企画中というお話しをいただきました。

現在もハンドサイクルで石垣島を走るツアーは某NPOが企画していますが、(少し絡んでいるそうですが。それをふまえて)もっと安価に、もっと気軽に、そして楽しく走れるイベントだそうです。

この方、障害者のスポーツ界で多くのトップ選手を育て、あるいは指導している方です。
障害者の楽しみを知るスペシャリストですので心強く思います。
よい企画が出来るといいですね。

http://run2as.com/
[PR]
by brightrings | 2008-06-11 12:40 | イベント・レース